父の誕生日プレゼントに贈ったココマイのコードバン長財布は大正解!

151515151

日本の匠が作る!ココマイスターの財布を見てみる

 

 

父の誕生日プレゼントに贈ったココマイのコードバン長財布は正解でした

 

父の誕生日プレゼントを探すため、銀座へと出かけた時のことです。ココマイスターの直営店で革小物を見ていた時に、とてもキレイな長財布を見付けました。その長財布の表面にはロゴなどなく上質なコードバンで、とてもシンプルなデザイン。全体の色は深みのあるワインレッドやブラックカラーなどがあり、触れると指に吸い付くような、しっとりとした上品な手触りを持つ革製の財布でした。この長財布を開いた内側の作りは、左側にお札を入れるスペースが手前と奥側に2ヶ所あり、右側手前にはカード入れのスペースが縦に8ヶ所、奥側にはお札を入れるスペースが施された実にシンプルなデザインでした。

 

父も私と同様にシンプルなデザインが好きなので、見た目はもちろんのこと、上質な手触りのする革(コードバン)が用いられている点と、深みのあるキレイなワインレッドも相まって、父への誕生日プレゼントにこの長財布を贈りました。父はとても気に入ってくれたようで、すぐにこのココマイスターの長財布を使ってくれました。この長財布を父は未だに大切に使ってくれています。

 

プレゼントをしてから数年は経っていますが、父はこまめにコードバン長財布のケアをしているようです。革製品は時間が経つとひび割れることがありますが、専用のクリームでケアをすると生涯を通して使えるアイテムになります。また、年数が経つにつれて、革の種類によっては色に深みが増して来るようです。実際に、私が贈った長財布も、ワインレッドの色が少しずつ濃くなっているように思います。革製品のケアが面倒だと言う人もいらっしゃるようですが、父は「こうして自分でたまに手入れすると、より愛着がわいたよ。」と私に伝えてくれました。

 

思いがけず一目惚れした革の長財布でしたが、父が自分でお手入れをする程、大切に使ってくれている姿を見て、本当に良い贈り物ができたなと感じています。是非あなたも大切な方への贈り物に、一生物のプレゼントになり得るかも知れないお財布を贈られてみてはいかがでしょうか。

 

151515151